読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぎぶろ

社会人1年目の軌跡をありのままに綴る― 本の感想、おすすめの映画,英語/その他勉強法,おすすめしたい物/事/場所等,雑記スタイルでゆるく熱く更新していきます。2015年度末までは理系大学院生。

【就活体験談】ESの自己PRは強み→枠組みの順で考えていた。

インターンシップ 学生モラトリアム 就活

スポンサーリンク

どうも。今日も、なぎぶろ(仮称)更新します!

 まだ読んでない方は先にこちらを。

 

 

nagitaka.hatenablog.jp

 

 

世の中に就活関係の本って溢れていますよね。

新しいものがどんどんでてきて

どれを読んでいいのやら。

そんな就活生のために、

オススメを三冊紹介します!!

 

 

 

www.amazon.co.jp

 

www.amazon.co.jp

 

www.amazon.co.jp

 

どれも素敵そうでしょ?

 

僕は読んでないんですけどね。

(騙してごめんなさい。)

 

もしかしたら物凄く役に立つ本かもしれないので

是非ともAmazonでポチってみてください。

 

そうそう。タイトルは忘れてしまいましたが

全然違う本を4~5冊立ち読みして

「そもそもこの人たち(著者)って、就活したことあるないのでは?」

なんて思ったので、就活本は参考にしなかったんですね。

 

それに出てくる本の中に出てくる具体例が

文系に寄りまくっている点もいただけない。

本を売るという意味でのマーケティング戦略として

文系によせているんだろうなーと思っていました。

売れりゃあいいのかい!売れれば正義!

 

しかも「具体的」に書いてあると思いきや

通過したESの事例を載せて

 

こういうのがいいよ!

逆にこういうのはだめだよ!

抽象的な言葉は避けて具体的に書いてね♡

 

なんて書かれていて

「は?」って思いました。

これをコピペして出せるわけじゃないし

これで千円以上もするのって詐欺じゃね?

 

就活って一人で多くのことをやらなきゃいけないから

「本」に頼りたくなりますよね?

それを逆手に取って….

もう悪口はこの辺にしておきます。

 

「なければお前が書けばいいじゃない。」

って天使か悪魔かが僕に言ってくるので

ESの書き方を簡単に、僕なりに解説します。

 

 

自己PRは強み→枠組みの順で考えろ!!

 

いきなり?と思う人もいると思います。

 

私の強みは○○です。(具体的な経験をいれる)

そこでは当時、△△という問題がありました。

私はその原因を■■にあると分析し、

XXという解決策を提案人を巻き込んで実行しました。

(その中で、こういうことを心がけたりこういう苦労がありました。

→時と場合に合わせて考える。文字数の関係で入らないことも。)

以上の経験から××(=強みの言い換え)を身に付けてきました。

 

これが僕の考案した枠組み。

出す企業によって、エピソードを変えていました。

言葉の言い回しにはとてもこだわりが強いので

シンプルにして公開していますがあしからず。

 

どうぞお使いください!

(誰も使わないでしょうけど)

 

経験を自分のものにすれば

コピペだろうがオリジナルになるのでね。

 

大事なのでもう一度。

実体験ベースで書かないと落ちます。

 

経験にまさるものはないです。

嘘をつくと面接でバレます。

バレないで運よく入社できても

入ってから辛いですきっと。

 

強み→枠組みの順で考えようと思ったのは

強みを一つに絞る必要なくない?と思ったから。

就活本の中だと、絞れ!!!なんて言われるけどさ。

強みって一つだけ?違うでしょ?

 

僕の場合、実体験から

分析力、問題解決力、リーダーシップ、

社交性、チームワーク(信頼関係構築)

なんかが自分の強みだと思っていたんですね。

それを全部詰め込みたかった。

もちろん、これらの言葉を使わずしてね

暗に意味する。英語だとimplyですね。

 

「僕はリーダーシップがあります!(うそくさくない?)」 

 

「すたっぷ細胞はありまあす!(うそくさくない?)」

 

まとめ

 

自分の強みは何かを考える。そして書き出す。

強みは一つである必要ないよ。

実体験(なんでもいいからね)を考えて。

それらを感じ取ってもらえる枠組みを考える。

文章にする。

 

以上。あたり前体操。

 

ああ、むちゃくちゃ雑になってしまった!!

 

よくわからないならESの相談とか

先着1名でのっちゃうので

TwitterでDM飛ばしてください。

 

Please follow me!!!!

 

 

ではまた。

 

なぎ。