読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぎぶろ

社会人1年目の軌跡をありのままに綴る― 本の感想、おすすめの映画,英語/その他勉強法,おすすめしたい物/事/場所等,雑記スタイルでゆるく熱く更新していきます。2015年度末までは理系大学院生。

MENU

映画好きでないあなたへ!2回以上観た映画をネタバレなしでふわっと薦めてみる【最強のふたり】

スポンサーリンク

「アイコンを変えた方がいいよ」

というアドバイスを多方面から頂いています。なぎです。

たしかに、○に「なぎ」だけって雑すぎますよね。

名前を覚えてもらえるというメリットしか感じていなかったのですが

ブログ上級者の皆様からしたら手抜きなんだろうなあ。

でもフォントはお気に入りのメイリオですし

雑さがむしろ良い….

 

味が出ている…

 

そう…

 

二日目のカレーライスのように。

 

 

イラストレーターなるソフトを

使いこなせる後輩に相談したら 

アイコンをつくってくれるそうなので

楽しみに待ちたいとおもいます。

 

さて、今日も映画をネタバレせずにふわっと薦めてみます。

 

nagitaka.hatenablog.jp

 

 

前回のこの記事、実は書くのに1時間もかかってしまっているので…

映画の紹介をもう少しさらっとできる能力を身に付けたい。

そう思っています。向上心の塊です。

そうですね、この映画紹介はシリーズ化が決定しているので

twitter用にハッシュタグを考えておきましょう。

僕がネタバレなしで、さらっとふわっと映画を紹介するので

 

#さらふわ映画

 

相変わらず雑ですがネーミングなんてこんなもんですよね。

ハッシュタグはやってみたかっただけなので

無視してくださいね笑 

 

今日紹介するのは、僕が3回観た映画。

「最強のふたり (Intouchables)

 

 

f:id:koya-0263:20160129214859p:plain

(C)2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP

 

映画概要

車いすで生活している大富豪と介護者として雇われた黒人青年が垣根を越えて友情を結ぶ、実話を基にしたヒューマン・コメディー。年齢や環境、好みも異なる二人が、お互いを認め合い、変化していくプロセスを描いていく。フランス本国のみならずヨーロッパで記録的なヒットを樹立した、笑いと感動に包まれた良質なコメディーを堪能できる。

               シネマトゥデイ - 映画の情報を毎日更新

 

 

あらすじ

不慮の事故で全身麻痺になってしまった大富豪のフィリップは、新しい介護者を探していた。スラム出身の黒人青年ドリスは生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。

               シネマトゥデイ - 映画の情報を毎日更新

 

 

この映画のここがポイント!を

わかりやすく綴ります。

 

1. とにかくカッコイイ

 開始5分でわかる名作の香り。

テンポが良い。音楽が良い。演出が良い。

派手なアクションもなければ、最先端のCGも使っていないのに。

とにかくカッコイイ!というのがこの映画の最大の特徴。

さすがフランス映画。オシャレだぜ…

これだけで一見の価値あり。

(僕はこの安い言葉が好きなんだなあ)

 

2. すがすがしいコメディである。

実話をベースとしている障害者と介護人の話なのに

もう、腹を抱えて笑えるんです。

観ていてニヤニヤしちゃいます。

ドリスに惚れますよ、きっと。

 

3. 様々な壁を超えた友情の話

 二人には様々な壁があったはずです。

 

自由⇔不自由

白人⇔黒人

富豪⇔貧民 etc.

それを如何にして超えていくのか?

秘訣は何なのか?

それを考えながら、観てみると面白いですよ。

 

友達からは「ストーリーが上手く進みすぎだ」

なんて批判的な意見をもらいましたが

そんなことありません。

限られた時間でよくこれだけのものを描いたなあ!です。

 

 

4. フィリップの演技が凄すぎる。

大富豪フィリップは、首から下が動かない役なんですね。

つまり、顔の表情、声のトーンで表現するしかない、ってこと。

無茶ぶりもいいところです。

 

みなさん、ひとまずやってみてください。

首から下を使わず感情を表現。はい!せーの!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お疲れ様です。

 

 

 

僕はいまアヒル口をつくってみて3秒で諦めました。

アヒル口は甘えるときに女の子が使うあれです。

男がキュン死するあれです。

 

 

あ、できない人も安心してください。

 

 

ポテトチップでもできます。

 

 f:id:koya-0263:20160129214910p:plain

 

アヒル口は置いておくとして

フィリップの演技は

僕の演技力とは比較にならないくらい上手いので(当たり前だ)

是非その点に注目してご覧あれ。

 

 

 

 

ところでみなさま

2回目にして、お気づきでしょうか。

 

「もしやおまえ、ヒューマン系の映画が好きだな」

 

はい、そうなんです。

自分でも気づきませんでしたが

振り返ってみると

何度も何度も観る映画って

人と人との繋がりですとか

人が成長していくプロセスですとか

「人」にフォーカスされているものばかりなんです。

ある程度ストーリーを知っていても、また観たくなる。

なぜなら、自分がどこにフォーカスするかで感じ方が変わるから。

ヒューマン系は、そういう映画ですよね。

 

余談はこれくらいにしておきましょう。

 

この映画の欠点を挙げるなら

 

タイトルがいけてないこと。

 

最強のふたり…って…

 

最強って….

 

f:id:koya-0263:20160129214905p:plain

 

Yahoo! だと最強じゃねえ....

もう!!!

こんなタイトルにするから

ツムツムに負けてるじゃないですか!!

ちなみに最強ツムは7体もいるらしい。(なぎ調べ)

 

原題のIntouchable=本来触れ合うことのできない二人が綴る物語。

これくらい、いけてるタイトルをつけてほしかったなあ…

 

 

次回は違うジャンルを紹介したい…!

 

 

まとめ

タイトルは、大事 。 

「最強のふたり」を是非ご覧あれ。

 

ではまた。

 

なぎ