読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぎぶろ

社会人1年目の軌跡をありのままに綴る― 本の感想、おすすめの映画,英語/その他勉強法,おすすめしたい物/事/場所等,雑記スタイルでゆるく熱く更新していきます。2015年度末までは理系大学院生。

映画「アバウト・タイム」をみんなが観れば世界は少しだけ平和になると思うんだ。【さらふわ映画】

さらふわ映画 学生モラトリアム

スポンサーリンク

2回以上観た映画を極力ネタバレなしで

さらっとそしてふわっと紹介します。

 

久しぶりに映画を紹介していきます。アイコンにフィルムがあることからもわかるように、僕は大の映画好き。月に1度以上は映画館に行く(行きたい)し、家でまったり映画を観ることも多い。人生を通じて500本以上は観てきているはず(正確な数字は数えてないからわからないけど…)

 

【さらふわ映画】と題して記事を書いています。

さらふわ映画とは、500本以上の映画を観てきている僕が2回以上観た映画を、極力ネタバレなしでお伝えしていく企画。1記事完結型。僕自身が「2回以上観た映画」ですので、本気でオススメしていきます。この記事を読んだ人たちが「そんなに言うなら観てみようかな?」という状態になることが目標です。

 

では、いきましょうか。

今日ご紹介するの映画はこちら。

アバウト・タイム 愛おしい時間について

 f:id:koya-0263:20160325193031p:plain

                     (C)Universal Pictures

あらすじ

自分に自信がなく恋人のいないティム(ドーナル・グリーソン)は21歳の誕生日に、父親(ビル・ナイ)から一家の男たちにはタイムトラベル能力があることを告げられる。恋人を得るため張り切ってタイムトラベルを繰り返すティムは、やがて魅力的な女性メアリー(レイチェル・マクアダムス)と恋をする。しかしタイムトラベルによって生じたアクシデントにより、そもそもメアリーと出会っていなかったということになってしまい……。シネマトゥデイ

解説

タイムトラベルの能力を持つ家系に生まれた青年が意中の女性との関係を進展させようと奮闘する中で、愛や幸せの本当の意味に気付くヒューマンコメディー。『ラブ・アクチュアリー』などで知られるラブコメに定評のあるリチャード・カーティス監督が、恋人や友人、家族と育む何げない日常の大切さを描く。『ハリー・ポッター』シリーズなどのドーナル・グリーソンを主演に、『きみに読む物語』などのレイチェル・マクアダムス、『ラブ・アクチュアリー』にも出演したビル・ナイらが共演。シネマトゥデイ

めんどくさがりなあなたへ

5行でわかるこの映画のストーリー

ある日、主人公の男がタイムトラベル能力を持っていることを父から告げられた。喜々として「恋愛」に能力を使う中で女性と恋に落ち、様々なトラブルを乗り越えていくなかで家族の大切さにも気付く。笑いあり、涙ありのヒューマンラブコメディー。

予告編も素敵なのでぜひご覧ください(1分)

www.youtube.com

 

映画のポイント

次の項目からポイント/見どころを紹介していきますね。

ネタバレは極力しないように最善の注意を払っていますが

多少はあるかも...あしからず。

スポンサーリンク

 

共感できる点が多い

ストーリーが展開されていく中で思わず唸ってしまうくらい、僕は共感ポイントがいっぱいありました。タイムトラベルの方法が「押し入れの中に入る」というなんとも古典的なところもまた風情があって、他の描写を邪魔しないという点で素晴らしいと思うのですが、非科学的な点に目を瞑れない方は観ないほうがいいでしょう。

とにかく笑える

笑えます。コメディですからね。とっても心優しい主人公のダメさが面白いし、テンポも良いです!テレビ番組でNG集を観て笑える感覚に近いかな。最近笑っていない方はぜひご覧あれ。

映画中盤から突然面白くなる

最初は少し退屈かもしれません。恋愛に軸足を置いて青春コメディっぽく仕上がっています。よくあるやつです。嫌いな人は嫌いです。でも我慢して中盤までみてください。そこから一気に面白くなりますから。

恋愛だけじゃないんだ!

「なんだ!恋愛映画じゃん」って思っていました。ポスターを観たときの第一印象と映画の前半部分をみているときは。でもね、違った。もちろん恋愛が大きなテーマだけど、それ以上に「家族愛」がテーマになっている。妻、父、母、妹。主人公と家族との関係性が素晴らしい。恋愛だけじゃない、そこがこの映画のよりいっそう深みのあるものにしています。

ヒロイン、可愛すぎぃ!

割愛していいですかね?めちゃくちゃ可愛い。ただ可愛いだけじゃなくて、ストーリーが進むについてどんどんと可愛くみえてくるから不思議です。きっと惚れます。

結末が素晴らしい

「そうくるかああああ!!!(泣)」でした。

この映画のラストをみんなにも知ってほしい!!!

予想しやすい結末かもしれませんけどね。

結末を予想しながら観るというのもこれまた一興。

今日という日を生きる

それが人生を素敵にする―。

映画『アバウト・タイム』オフィシャルサイト 

公式HPに記載された短いメッセージ。

ストレートに伝わってくる映画に仕上がっています。

 

「ああ、頑張ろう!」ってなります。

 主人公のセリフが忘れられない。

こんな人に観てほしい

  • 毎日をなんとなく過ごしている人
  • 恋愛に億劫になっている人
  • 人生にちょっと疲れた人
  • 最近家族と過ごしていない人
  • 普段、映画を観ない人

 どれかに当てはまれば観る価値あり!

 

評価/点数

90/100 点

今回から点数をつけてみます←New!!

とはいえ、80点を超えない映画であれば

【さらふわ映画】として紹介しませんけどね。

 

最後に

タイトルの件。

この映画を観ると、本当に「今日という日を素敵にしていこう」という気持ちになるんです。みんながそうなるといいなあ!なんて切に願っています。世界平和ってそんな簡単なことじゃないだろうけどさ。少しだけ、平和になるよ、きっと。

 

それにしてもさ

ネタバレなしで映画紹介って難しいぃぃ!!!

全然良さを伝えられている気がしないのです☆

そろそろ辞めようかな…なんて思ったりもする。

 

www.nagibrno.com

 

ではまた。

 

なぎ