読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぎぶろ

社会人1年目の軌跡をありのままに綴る― 本の感想、おすすめの映画,英語/その他勉強法,おすすめしたい物/事/場所等,雑記スタイルでゆるく熱く更新していきます。2015年度末までは理系大学院生。

MENU

JAXA主催の究極の治験アルバイトを徹底調査!応募して38万円を手に入れよう!

スポンサーリンク

【追記@2017年1月14日】 

究極の治験アルバイトを紹介したい。

JAXAが主催する宇宙を模擬した閉鎖空間での試験。

2週間で38万円も頂けるんだから凄い。

2016年10月26日 応募締切!

*現在は応募締切中。

次回開催までに会員登録をしておけば

メールで案内が届きます。

【詳細】第3回の条件等を列挙!@2016年12月開催

f:id:koya-0263:20161017210158p:plain

f:id:koya-0263:20161017210302p:plain

場所:宇宙航空研究開発機構(JAXA)@茨城県つくば市

参加条件:20~55歳の健康な男性、研究の内容に同意し、治験者として参加を希望する者

協力費:38万円(総額)

*各自交通費もこの中から捻出しなければならない

応募期間:2016/10/13~2016/10/26

JAXA主催の治験アルバイト募集ページより引用 

 

38万円!ってところにしか目がいきませんが...

募集の対象となっているのは男性のみ!なんですね。

第4回から女性も応募可能になりました。

募集期間が意外と短い!今回は...

2016年10月26日まで!

*現在は応募締切中。

次回開催までに会員登録をしておけば

メールで案内が届きます。

年に数回、不定期で募集するようですが

次回開催がいつになるかはわからないので

チャンスを知った今、申し込んでみては?

 

 

とはいえ、大事なのはその内容ですよね。

ちょっとまとめていきたいと思います。

【第4回@2017年2月開催】女性も応募可能になりました!

第4回『閉鎖環境適応訓練設備を用いた有人閉鎖環境滞在試験』の募集が2016年12月22日~2017年1月5日の期間で行われました。報酬は第3回と変わらず、2週間で38万円。変更点は「第4回から女性の応募も可能になった」こと。女性の宇宙飛行士の方も活躍されていますもんね!

平成28年12月22日(木)に募集を開始してから、平成29年1月5日(水)に募集を終了するまで、約1,070件の応募がございました。
今回の募集では、女性の応募も受け付け、女性から約310件の応募がありました。

現在、被験者候補の選考作業を進めており、最終的に1月中に8名の被験者を選考いたします。選考後、平成29年2月中旬頃から2週間(13泊14日)の閉鎖環境滞在を開始予定です。

倍率が下がっているようなので

応募のチャンスかもしれません!

 

応募詳細はこちら 

【内容】実際は何をするの?

宇宙を模擬した閉鎖環境下でココロの動きを探る。募集サイトには、これしか書かれていないんですね。 閉鎖環境適応訓練設備の中で、8人で13泊14日の共同生活を送るのだと思います。私物の持ち込みは不可!閉鎖環境適応訓練設備ってなんだか仰々しいですね。

f:id:koya-0263:20161017212547j:plain

この装置みたことある人も多いのでは?

ちなみに見取り図はこんな感じです。

f:id:koya-0263:20161017212951p:plain

*画像はJAXAHPより

狭い!ベットの数的に、8人が定員というのも納得ですね。この閉鎖空間の中で13泊もすると考えると気が狂いそうですが、宇宙飛行士の皆さんは無重力空間で数ヵ月も...と思うと短いもんですね。ココロの動きと書くとやわらかい印象を持ってしまいますが、相当なストレスに耐えなければならないのだと勝手に理解しました。きっといろんな試験をするのでしょう。真っ白なジグソーパズルを組み立てたりとかもするのかなあ?めちゃくちゃワクワクしますね。実際に共同生活をしながらいろんな試験をこなしていくのは本当に大変だと思うけど。宇宙飛行士選抜試験を読むとイメージしやすいかもしれませんね。

 

【治験の目的】ストレス評価!

本研究は、現状での専門家の問診評価に加え、客観的な指標に基づく精神心理的ストレス状態評価手法を用いることにより、ISS宇宙飛行士の精神心理的健康状態評価手法を向上させることを目標としています。また、本研究は「非侵襲的(採血などを伴わない)かつ宇宙飛行士自身が軌道上でほぼリアルタイムに評価可能」な手法の開発も目標としています。これにより、JAXAは将来の超長期有人宇宙滞在にも適用可能な新たな精神心理的健康管理手法の獲得を目指します。JAXA HP

治験の目的は「ストレス評価」だそう。

「採血などを伴わないで体調を評価する」

そんな手法の開発に向けて一役買ってもいい!

という方はぜひ応募してみてください。

詳細はこちら 

*現在は応募締切中。

次回開催までに会員登録をしておけば

メールで案内が届きます。

 

【超高倍率】最近はチャンスかも?!

平成28年7月21日(木)に募集を開始してから、平成28年8月3日(水)に募集を終了するまで、約2,900件の応募がございました。第1回目と同様、本試験に関する高い関心をいただき、心より感謝申し上げます。現在、被験者候補の選考作業を進めており、最終的に8月中に8名の被験者を選考いたします。第2回「閉鎖環境適応訓練設備を用いた有人閉鎖環境滞在試験」 被験者募集の終了について - 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター - JAXA

ちょっとデータは古いですが。

応募は2900件(意外と少ないな?)

最終的に8人!(めっちゃ少ないな?)

 

倍率なんと363倍!

 (2900人/8人=362.5)

...こんなん通る気がしないですよね。

今年の応募はもっと倍率が高かったんだとか。

でも余計に応募したくなってくるから不思議。

もしこの高倍率をくぐりぬけたら

お金稼げる上に周りに自慢できそうですね。

【追記@2016年12月13日】 

第3回「閉鎖環境適応訓練設備を用いた有人閉鎖環境滞在試験」の被験者募集及び選定の結果についてお知らせします。

募集会社のWebページ(http://www.jcvn.jp/jaxa02/)において、平成28年10月13日(木)に募集を開始してから、平成28年10月26日(水)に募集を終了するまで、約1,400件の応募がございました。
これまでと同様、本試験に関する高い関心をいただき、心より感謝申し上げます。

10月26日(水)に募集を終了した後、選考作業を進めて参りましたが、11月17日(木)に8名の被験者を選定いたしました。
今後、12月2日(金)から12月15日(木)の2週間(13泊14日)閉鎖環境滞在を開始する予定です。

第3回「閉鎖環境適応訓練設備を用いた有人閉鎖環境滞在試験」 被験者の募集結果及び選定について - 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター - JAXA

 8/1400=0.57%

応募者減ってるぅぅぅ!これはチャンス。

次回も低倍率を期待?!

【選考期間】結果はいつわかるの?【追記】

第2回「閉鎖環境適応訓練設備を用いた有人閉鎖環境滞在試験」の被験者について、平成28年8月3日(水)で募集を終了した後、選考作業を進めて参りましたが、8月29日(月)、8名の被験者を選定いたしましたのでお知らせします。今後、9月13日(火)から2週間(13泊14日)の閉鎖環境滞在を開始する予定です。

第2回「閉鎖環境適応訓練設備を用いた有人閉鎖環境滞在試験」 被験者の選定について - 宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター - JAXA

応募期間終了から約4週間で結果がわかるようです。

その間に選考が行われることでしょう。

 

 

大学生には特におすすめしたい!f:id:koya-0263:20161017215037p:plain

どうせ通らないよ!なんて言わずに...話のネタとして申し込んでみてはいかがでしょう?大学生ならなんとか融通をきかせやすいはず。それでも授業を休むのだいぶキツイだろうから、研究室に所属している理系学生におすすめしたいですね。

残念ながら、社畜社会人になってしまった僕は2週間も休むなんて無理なんですよね。大学4年生の頃に知っていれば申し込んだのになあとつくづく思います。

 

こんなにワクワクする

治験バイトがあるなんて情報

全く知らなかった。

 

応募はこちら 

 *10月26日締切です。

ちなみに、今回応募しなくても

会員登録をしておくだけで

次回の開催案内が来るようになります!

 

*現在は応募締切中。

次回開催までに会員登録をしておけば

メールで案内が届きます。

 

ではまた。

 

 

なぎ