読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぎぶろ

理系大学院生によるモラトリアムを綴るブログ。TOEICをはじめとする勉強方法・オススメの映画・就活関係がメイン。その他もゆるーく熱く更新していきます。

高評価!ストレス発散には映画「キックアス」を心から薦めます【さらふわ映画】

さらふわ映画 学生モラトリアム

スポンサーリンク

 

 

この記事は映画「キックアス」を観たことのない人たちに

キックアスの素晴らしさを“ほぼ”ネタバレなしで

さらっと!ふわっと!魅力をお伝えする記事になります。

映画を500本以上観てきた僕が2回以上観ている映画なので

自信を持ってオススメしていきます!

既に観た人にとっては読み物として面白く

共感(or反感)していただけるように努めてまいりますので

どうぞよろしくお願いいたします。

 

さらふわ映画第6弾!*スタート。

*1話完結型なので、どなた様もお楽しみいただけます。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

映画の解説

とあるコミックオタクの平凡な高校生が、自ら“キック・アス”と名乗り、ヒーローとして活躍する姿を描くアクション・ムービー。ブラッド・ピットが製作に名を連ねる本作は、マーク・ミラーの原作を『レイヤー・ケーキ』のマシュー・ヴォーン監督が映像化。『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』のアーロン・ジョンソンが主人公を好演するほか、『(500)日のサマー』のクロエ・モレッツが美少女ヒーローを熱演。実際にアメコミマニアのニコラス・ケイジふんする“ビッグ・ダディ”の名演も見逃せない。キック・アス - 作品 - Yahoo!映画

 

キックアスのあらすじ

コミックオタクでスーパーヒーローにあこがれる高校生デイヴ(アーロン・ジョンソン)は、ある日、インターネットで買ったスーツとマスクで、ヒーローとして街で活動を始める。何の能力も持たない彼はあっさり犯罪者にやられるも、捨て身の活動がネット上に動画で流され、“キック・アス”の名で一躍有名になってしまう。キック・アス - 作品 - Yahoo!映画

 

要するに、ヒーロー映画。

 

ただ、見どころはそこだけじゃないのが

この映画の素晴らしいところ!

要点をさらっとふわっと解説していきます。

 

【高評価ポイント】クロエ演じるヒットガールが最高にキュート。

この映画の最大の魅力は少女ヒットガール!

もうね、主演は間違いなく彼女ですね。

f:id:koya-0263:20160220010354p:plain

キュートな少女が平然と毒を吐くところに腹を抱えてゲラゲラ笑える!

この数々の汚いセリフたちなんですが

監督「1回だけ言ってみて!映画では使わないからさ。」

なんて乗せられて口にしたらそのまま使われるという

なんとも可哀想なパターンですけどね。

マシュー・ヴォーン監督、グッジョブ!!!

キュートな少女がめちゃくちゃ強いというギャップ

あなたも間違いなく魅了されます。

 

【高評価ポイント】主人公の成長具合がたまらなく良い!

主人公の高校生は最初かなりダメダメです。

わかりやすく例えると、性欲のあるのび太君ですね。

開始3分以内にその理由がわかるのでお見逃しなく。

まあ、R15ですから当然です。

そこから如何にして成長していくのか?

少女(ヒットガール)との間の友情というか師弟関係というか…。

人との関わりから確実に成長を遂げるんですね。

 

ダメダメ性欲モンスターのび太君的な高校生が

しずかちゃん的な少女の調教により

短期間で最強ムキムキジャイアンに!

 

このポイントだけで面白そうですよね。

 

結局、「人の成長」というのが僕の中の永遠のテーマになりそうです。

読者の皆様にしかわからないかもしれませんが…。

 

【高評価ポイント】ベテラン俳優勢も負けていない

上記二つは若手俳優を使っているのですがベテラン俳優も登場します。

そうです。ニコラス・ケイジとマーク・ストロングですね。

僕が2回目を観たときには彼らの演技に注目していました。

もうね、すごいですよ!彼らの演技をぜひご覧ください。

若手を良い感じにひきたたせていると思います。

ああ、言葉じゃ表現しきれない!(責任放棄)

熱く語りたいけど、我慢我慢。

 

【中評価ポイント】テンポの良さ+ストーリー性=ストレス発散

この映画、テンポがとっても良い点も評価できますね。

観ている人を飽きさせない映画に仕上がっていると思います。

普段あまり映画を観ない人でも十二分に楽しむことができます。

ストーリー性も古典的な設定で単純かもしれませんが

テンポの良さと相まって、スカっ!とします。

ストレス発散にはもってこい!です。

鑑賞する側のツボを的確に抑えた映画といえます。

 

【中評価ポイント】よくも悪くもB級映画

この映画、B級映画です。

「誰にでもオススメできるものではない」

といったところでしょうか。

ポップな殺戮シーンと爽快なアクション。

これだけでB級感が出ているかもしれませんが

映画の細部までB級です。ゲスの極み!

センテンス・スプリング

(もはや古いけど言いたいだけ)

 

【低評価ポイント】殺戮シーンが軽快でクール!

この映画はR15に指定されているくらいなので

意味わからないくらい殺戮シーンが登場します。

しかも結構生々しく殺されていきます。

その点、キングスマンに通じますね。

同じ人だし、当然と言えば当然かな。

僕はわりとポップだな!と感じたのですが

好き嫌いが分かれてしまう唯一の低評価ポイントですね。

殺戮シーンのリアルさを作りこんでいっているので

バイオレンス耐性のない方々にはオススメできません。

 

【小ネタバレ】悪いやつらは皆殺し!!

ほぼ全員死にます。いや、生き残る敵役も一応いるか?

もしかしたら僕は人が死ぬ映画も好きなのかもしれない。

非日常を求めているからでしょう!(適当)

 

【総合評価】こんな人にオススメしたい!

オススメしたい人たちを箇条書きでお伝えします。

・映画を普段あまり観ない人

ストレスを発散したい人

・アクション映画が好きな人

・頭を使わずに映画を観たい人

・とりあえず暇を潰したい人

・少女が好きな男性諸君

・弱いはずなのに強いというギャップが好きな人

・映画「キングスマン」が好きな人!

キングスマンは名言が登場したり設定が丁寧だったりするので

まだ観ていない人は先にそちらからの方がいいかもしれません。

nagitaka.hatenablog.jp

つまりほぼ全員!!

またこの結論に帰着してしまった…。

2回以上観ているんだから仕方ないよね!

 

映画を観るときは頭を使いたい!という人と

付き合いたてのカップル諸君は

この映画を避けたほうが無難です。

 

そろそろカップルにオススメな映画でも書いていきたいな!

 

 

ではまた。

 

 

なぎ

 

初めての方へ

nagitaka.hatenablog.jp

 

 

スポンサーリンク