なぎぶろ

社会人1年目の軌跡をありのままに綴る― 本の感想、おすすめの映画,英語/その他勉強法,おすすめしたい物/事/場所等,雑記スタイルでゆるく熱く更新していきます。2015年度末までは理系大学院生。

MENU

サカナクションのライブの感想は?想像以上に楽しかった!歌と踊りと胸に刺さった言葉を振り返りたい。

スポンサーリンク

どうも。なぎです。

1ヶ月ほど前にサカナクションのライブに行ってきました。

聴いて楽しい!
歌って楽しい!
踊って楽しい!

想像を遥かに超えて楽しんできました。

デビュー10周年記念ライブ!ですが

初めて参戦したんですよね。

つまりあれです、にわかファンです。

そんな僕でもめちゃくちゃ楽しめました。

歌って踊って...日頃のストレスがふっとびました。

  • これからサカナクションのライブに行こうかな?
  • サカナクションのライブチケット申し込もうかな?
  • ライブがどんな雰囲気だったのか知りたい!

そんな方々に向けて感想を綴っておきます。

サカナクションってどんなバンド?

2005年に結成され、2007年にデビュー。ボーカル、ギター担当の山口一郎を中心とした男女5人で構成される。
バンド名は「魚」と「アクション」の単語を組み合わせた造語。山口一郎はインタビューで、ひねくれたこと・いい意味でふざけたことをやりたく、バンド名にはあまり用いられない「サカナ」を入れ、変化を恐れずにやっていこうという意味をこめて「サカナのアクションでサカナクション」にしたという趣旨を述べている。

サカナクション - Wikipedia

北海道小樽市出身なんですね。

ボーカルの山口一郎さんが作詞作曲担当。

俳句や詩を愛読しており、俳人では寺山修司や種田山頭火を、詩人では吉本隆明や石原吉郎を好んでいる。

妙に納得してしまった。

会場はどこ?グッズ販売は混んでた?

f:id:koya-0263:20170613232827j:plain

今回の会場は『名古屋センチュリーホール』

僕は車で約4時間もかけて友人と一緒に行ってきました。

車内で4時間もみっちり予習ができたので

ライブ会場までのドライブも悪くないですね。

【17:30開場/18:30開演】にも関わらず

18時過ぎに到着しました。

グッズ販売は長蛇の列が...

f:id:koya-0263:20170713221354j:plain

(列の写真撮り忘れた...)

100人弱は並んでいたんじゃないかな?

でも、15分程度並ぶだけで買えました。

会計が10列分くらいあったかと思うので

だいぶスムーズでしたよ。

売り切れのグッズはほとんどなかった気が!

(これも聞き忘れた。ブロガー失格だ)

『5000円以上お買い上げの人に

数量限定でMESH BAGプレゼント!』

これは無事にGETできました。 

グッズが欲しいのであれば開演前に行く!

これはライブの鉄則なんだろうなあ。

ライブのセットリストは?

f:id:koya-0263:20170713221214j:plain

やっぱりTシャツかっちゃうよね。

セトリはここで載せるほどでもないと思いますが...

一応、ね。

  1. 新宝島
  2. M
  3. アドベンチャー
  4. Aoi
  5. シーラカンスと僕
  6. 流線
  7. ユリイカ
  8. ボイル
  9. GO TO THE FUTURE
  10. 『バッハの旋律を夜に聴いたせいです。』
  11. 三日月サンセット
  12. SORATO
  13. ミュージック
  14. 夜の踊り子
  15. アイデンティティ
  16. 多分、風。
  17. ナイトフィッシングイズグッド
  18. 僕と花
  19. 「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」
  20. (新曲)
  21. 目が明く藍色
サカナクション @ 名古屋国際会議場 センチュリーホール (愛知県) (2017.06.09) | ライブ・セットリスト情報サービス【 LiveFans (ライブファンズ) 】

ノリの良い曲は終始踊ってました。

『10周年記念だから有名な曲が多かったね』 

なんていう会話をしたものの

半分くらいしかわからなったのはここだけの話。

今回のアンコールは『くじ引き』だったのですが、唯一完全に歌える『僕と花』選ばれないかなーなんて思いながら祈っていたらまさかの1発目で選ばれたので、本気で鳥肌たちました。ああ、最高。

胸に刺さった言葉たち

f:id:koya-0263:20170713220502p:plain

デビュー10周年記念ライブ!ということで

普段トークなどをほとんどしないサカナクションが

終盤にトークをしてくれたんですね。

時間にすると5~10分程度だと思いますが

物凄く心に響く言葉を届けてくれました。

僕の記憶に残っている範囲で綴っていきます。

『クラスの1人・2人に深く刺さるような』

クラスの20人、30人に浅く好かれるんじゃなくて

1人2人でいいから、深く刺さるような音楽を創っていきたい。

それなら自分の大好きな領域でチャレンジできるから。

やっぱり好きなところで勝負しないと駄目だと思うんだ。

言葉のチョイスは違うかもしれないけれど

伝えたかったことはそう違わないはず。

そんな言葉を語っていたのがとても印象的でした。

サカナクションほど実力も知名度もある人たちですら日々、葛藤と戦っているんだなと思ったんです。

『自分の好きなところで勝負したい』

これだけ多くの人を魅了できる方々が、改めてそんな言葉をファンに向けて言うなんて、心動かされちゃうよね。にわかだけど。

僕たちも人間だからね?エゴサーチするんだからね?

f:id:koya-0263:20170713221942j:plain

ライブが終わったらtwitterで『サカナクション』と検索するんだとか(笑)物凄く人間味がありますよね。思わず笑ってしまいましたが、一気にファンになっちゃいました。

今回はアンコール選曲にくじ引きをしたんですが

『これでうらみっこなしだぞ?こんだけ言っているのに、「あの曲歌ってくれなかった、サカンクション糞!」とかいうひといるんだよね。僕たちも人間だからね?!傷つくんだからね?!笑』

 これもまた、笑っちゃいました。

人間味あふれる人たちなんだなーって。

最後に

サカナクション、マジで好きになりました。

ライブっていいよね。

またいこう。

 

 

ではまた

 

なぎ