なぎぶろ

社会人1年目の軌跡をありのままに綴る― 本の感想、おすすめの映画,英語/その他勉強法,おすすめしたい物/事/場所等,雑記スタイルでゆるく熱く更新していきます。2015年度末までは理系大学院生。

MENU

ウォータースポーツSUPは超爽快だった!夏にやりたい海のアクティビティを紹介したい。

スポンサーリンク

『海でアクティビティをしたい!』

『初心者でもウォータースポーツを楽しみたい!』

でもサーフィンはちょっとガチすぎるし...

ヨットは少し敷居が高いし...

シュノーケリングをやるには海が汚いし...

そんな考えのあなたには

『SUP(さっぷ)』を強くおすすめしたい。

2017年5月のGW某日、SUPを体験してきました。

先に感想を3行で述べておきますね。

めちゃくちゃ気持ち良かった!
『夏の快晴の日』に
もう一度やりたい。

夏の快晴の日がおそらく一番気持ち良いと思う。

これからのシーズン(梅雨を覗く)に

ぜひおすすめしたいウォータースポーツ!

それがSUP(サップ)です。

SUPってなに?というところから

実際に体験してみた感想を

赤裸々に綴っておこうと思います。

ではいきましょう!

【SUPとは】スタンド・アップ・パドルサーフィン

  • スタンド・アップ=立つ
  • パドル=漕ぐ
  • サーフィン=海の乗り物

要するに立ち漕ぎサーフィン(訳すとダサい)

説明があまりに下手くそなので

wikipediaから引用しておきますね。 

スタンドアップパドル・サーフィン(Stand up paddle surfing)は、ウォータースポーツの一つ。略してSUPとも呼ばれる。サーフボードの上に立ち、波が形成する斜面を滑走したり、水面を漕いで移動する。スタンドアップパドル・サーフィン - Wikipedia

浮力の大きなサーフボードの上に立って

パドルで漕ぐ新しいウォータースポーツ!

サーフィンのロングボードよりも

少し大きめサイズのボートを使います。

長さ×幅=約300×80cmぐらいかな?

ボートの上に立ちパドルを漕ぐウォータースポーツ。

『立って水面を漕ぐ』というのがポイントで

オール(パドル)を使うんですよね。

海上を散歩する「クルージング」だったり

波に乗る「パドルサーフィン」が

主な遊び方なんだとか。

長距離を移動する事も可能であり、波や風の無いフラットな海水面でも楽しめる事から、ハワイでは子供から高齢者まで許容範囲の広いマリンスポーツとして注目されている。不安定なボードの上に乗ってバランスを取ることにより、股、太もも、首、ひざ等が鍛えられ、エクササイズ効果がある事も魅力の一つとされている。

『ウォータースポーツ』というだけあって

ただ立ち漕ぎをしているだけなのに

終わってみると身体にかなりの疲れを感じます。

運動不足の方だと翌日の筋肉痛は必至ですよ(笑)

【体験@和歌山県】説明→出発(約2時間)

和歌山県の『浜の宮海水浴場』まで行ってきました。

3500で道具一式からレクチャーまでついているので

とってもお手頃なアクティビティだと思います。

ライフジャケットももちろんかしてくれるので

海に落ちて溺れることはないです!

f:id:koya-0263:20170509001940j:plain

浜辺でレクチャーを受ける僕らの写真。

GWということもあり10人弱が参加していました。

男性よりも女性が多かったのに驚き。

  • パドルの持ち方
  • 座って漕ぐ方法(左右)
  • 立って漕ぐ方法(左右)
  • 回転する方法
  • 直進する方法
  • ボートの立ち方
  • バランスの取り方
  • 落ちるときの注意事項

こういった事項を丁寧に教えてくれました。

初心者でもすぐにできるようになるので

ご安心ください。参加者全員初めてでした!

ただ、開始前は自信満々だった僕でしたが

説明を受けているうちに自信がなくなりました。

『あれ?これ難しいやつかもしれない?』

【感想】超気持ち良い!

最高!の一言に尽きる。

最初に感想を箇条書きにしておきますね。

  • とにかく気持ち良い
  • 慣れるまでの15分くらいは恐怖
  • 意外とスピードが出る
  • 友人とワイワイするのが楽しい
  • 立ってバランスを取るのが難しい
  • 横からくる波に屈した
  • 何度も海に落ちた
  • 海に落ちるとしょっぱくて焦る
  • 落ちたら落ちたで気持ち良い
  • ボードの上で横になるのが極上の幸せ
  • 寝ると海に落ちることはない
  • ボードの上でブリッジすると景色が...!
  • 泳いでは辿りつけない遠くまで行ける
  • 意外と体力を消耗する

f:id:koya-0263:20170509002955j:plain

最初はこんな感じでした。

正座してる...だと!

このときは少しびびってました!

『立てない...(立つと海に落ちる)』

一度落ちると吹っ切れてすぐにうまくなるので

びびらないで、どんどん立ちましょうね。

波に対してボードが直交しているとやられます。

コツは最初のうちは波に向かって進んでいくこと!

慣れたら横から波に打たれても落ちないですからね。

海水浴では辿りつけないところまで

簡単にいけちゃう!というのが良かったです。

橋の真下(数百m)とかにふらーっといけちゃいました。

それともう一つ。

ボードの上で横になってみて。

これがめちゃくちゃ気持ち良いんだ。

幸せってこのことだなーなんて思いました。

ボードの上でブリッジすると(落ちそうになるけど)

不思議な世界を堪能できます。これもおすすめ。

あっという間の2時間でした。

「あと5時間くらい続けたい!」

「コスパ最強なアクティビティじゃない?」

「(終わった瞬間に)もう一度やりたい!」

「和歌山まで来て良かった!」

そんな会話をして盛り上がりました。

f:id:koya-0263:20170509003354j:plain

マジで楽しかったあああ!

夏にもう一度、やりたい!

【補足】SUPってどこでできるの?

和歌山まで行かないとできない!なんてはずはなく

全国各地で行っているようです!

  • 神奈川県・逗子
  • 千葉県・稲毛海岸
  • 愛知県・知多
  • 愛知県・三河湾
  • 和歌山県・浜の宮
  • 兵庫県・明石市
  • 兵庫県・淡路島
  • 広島県・宮島
  • 福岡県・福津市
  • 沖縄県・南部

アクティビティジャパンに掲載されている

おすすめプランから抜粋してきました。

『世界遺産の厳島神社』で楽しむなんて最高ですね。

[外部サイト] 詳細はこちら

activityjapan.com

逗子にもあったなんて知らなかった。

近場なので夏になったらいってみようと思います!

最後に

SUPはマジでおすすめ!

SUPは誰でも手軽に楽しめるアクティビティ!

ウォータースポーツ初心者にもおすすめです。

この夏の思い出づくりにいかがでしょうか。

 

 

ではまた

 

なぎ