読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぎぶろ

社会人1年目の軌跡をありのままに綴る― 本の感想、おすすめの映画,英語/その他勉強法,おすすめしたい物/事/場所等,雑記スタイルでゆるく熱く更新していきます。2015年度末までは理系大学院生。

初めての屋久島/縄文杉訪問で冒険感と高揚感に包まれた。旅レポを試みる!

旅行 学生モラトリアム

スポンサーリンク

世界自然遺産である屋久杉を見てきたので

リポートしておきます。

非日常を体験できる!

自然の偉大さを体感できる!

縄文杉、最高!もう一度行きたい!

こんなところでしょうかね。

 

この記事では今後、屋久島に行き世界遺産自然遺産である屋久杉を見にいくぜっ!という人たちに向けて書いていきます。「屋久杉楽々攻略」が可能となるように心がけていきますね。初の試みですのでネタバレはご容赦ください。屋久杉もたくさん登場するよ☆前日準備から当日の流れ、感想等々をしっかりとお伝えします!スマホからの投稿ですので多少見にくいと思います...スマホで記事つくると時間は倍くらいかかる!!泣きたい!!家に帰ったらなおします。

まず初めに

屋久杉(やくすぎ)は、屋久島の標高500メートルを超える山地に自生するスギ。狭義には、このうち樹齢1,000年以上のものを指し、樹齢1,000年未満のものは「小杉(こすぎ)」と呼ぶ。

屋久杉 - Wikipedia

縄文杉=屋久杉だと思っている方も多いと思いますが、そうではないのでお気をつけください。縄文杉⊂屋久杉ですね。え?わかりにくいって?縄文杉は樹齢7500年だとか!(ガイドさんの話)世界自然遺産である屋久杉を見るためには往復で8〜10時間かかる山道をひたすら歩かなくてはなりません。元気な高校生だと8時間。僕のように満身創痍だと10時間。これがめちゃくちゃキツイ。気軽に行くと結構大変な思いをするはずです。貴方の体力とご相談ください。

 

前日〜当日の準備

備えあれば憂いなし!

準備はしっかりしておいてください。

準備したものたちを紹介します。

準備したもの

レンタカー→宿と自然館の往復

水(スポーツドリンク1.5L)

休憩時のお菓子

使い捨て軍手→これが一番重要!

洋服→ズボンは結構汚れます。

タオル→わりと汗かきます。

当日のお昼ご飯→宿にお願いをしてお弁当GET!

服装→ウィンドブレーカーを含めて3枚

わりと薄着でも寒くありませんでした。

気温は10度くらいかな?

 

あると便利だったもの

休憩時に下に敷くシート

お湯とスープやホットドリンク用の粉末

→山頂で飲むホットドリンクは最高でした。

ステッキ→レンタルできます。

カッパ→天気が変わりやすいので。

山用の靴→靴は大事だった。

僕はランニングシューズでなんとかなりました。

ガイドさん→いるとめちゃくちゃ楽しい

 

出発まで

f:id:koya-0263:20160317114831j:plain

朝4時おきで荒川登山口から登りました。

宿→屋久杉自然館→荒川登山口なのですが

自然館には駐車場(無料)があるので

宿からレンタカーで行きました。

バスも出てるみたいです。

レンタカーのほうが楽チンです。

自然館→登山口へのバスは片道870円。

自然館→登山口までは約35分。

自然館に4:45着だったのですが

5:00発のバスには満員で乗ることができず

5:20まで外で待っていました。

これがなかなか寒い。

6:00頃に荒川登山口に着き

いざ登山開始です。

 

冒険感のある最初の1時間

f:id:koya-0263:20160317114948j:plain

まるで異世界に迷い込んだかのような景色。

僕は冒険感に包まれた。ワクワク。

見渡す限り、自然!自然!自然!

足場の悪さなんて気にならず

とにかく前に進むのみ!

最初の1時間はめちゃ楽しいです。

人間不思議なもんで、景色にはすぐ慣れます。

「あれ、歩くの辛くなってきた?」

「トロッコ道長すぎじゃね?」

トロッコ道が長すぎて心が折れそうになりました。

トロッコ道終了までがだいたい2時間ちょっと。

緩やかな坂道なので

体力的にはそんなに辛くはなかったかな?

 

 

スポンサーリンク

 

山登り本番は最後の2時間

トロッコ道が終わると、山登り本番です。

f:id:koya-0263:20160317115247j:plain

このような道を2時間歩きます。辛い。

高揚感があったのは最初だけ。

すれ違うときは譲り合いの精神があったり

お互いに「こんにちはー!」ってあいさつをしたり

人の温かさに触れられてとってもハッピー☆

なんだか忘れかけていた

大事な心を取り戻せた気がします。

 

ガイドさんがいた方が楽しいよ

僕らはとても運が良く、たまたまガイドさんと一緒に登ることができました。別の方(御歳65歳)と2人で登山していた「屋久島家」という宿の若いガイドのお兄さん(イケメン!フルマラソンのタイム3時間ちょい!イケメン!年間縄文杉訪問回数180 回!イケメン!)。この方が途中で出会った僕らに物凄く親切にしてくれて、励ましながら登ってくれたんですね。優しい!途中でバラバラになってしまったらものの、休憩地点では合流していろんな話しを教えてくれました!

屋久島 民宿 やくしま家〜yakushimaya〜格安プラン設定

 

ガイドさんがいることで、「この木はなんですか?」等々の質問にすべて答えてくれるだけでなく、「こっちに小屋があるのでそこで昼ごはんにしましょう!」なんて裏技も教えてくれたり...!お昼ごはんでは持参したお湯でスープを作ってくれたり...至れり尽くせりでした。このスープがまためちゃくちちゃ美味しいんだ!最初からガイドさんについてもらうべきだったなー!

 

「関西弁のガイドには注意せよ」by イケメン

だそうなので、皆さん気をつけて。

ペースが速すぎて大変なんだとか。

 

屋久杉とその仲間たち

道中で撮った写真を数枚ペタペタしておきます。

 

f:id:koya-0263:20160317120444j:plain

 そう。まるで蛇。

 

f:id:koya-0263:20160317120659j:plain

鳥っぽいよね?ペンギンか!自然の力は偉大だ。

 

f:id:koya-0263:20160317120918j:plain

杉の木に何か住み着いてる?こあら?

何に見えます?

 

f:id:koya-0263:20160317121137j:plain

縄文杉...!(怒らないでね)

 

苦労してたどり着いた先で

自分の目で見て何かを感じる

その原体験にこそ意味があると思うの。

 

最後に

縄文杉、もう一度行きたい。

あまり触れてませんが行った道は自分の足で

戻らないといけませんのでご注意を。

めちゃくちゃ疲れたーーーー!!

登山翌日なので筋肉痛で悶えています。

たいした下調べもせずに行ったことがいけなかった模様。

屋久島里程標 − 荒川登山口〜縄文杉

このサイトに必要な情報はすべて書かれているので

ご参考までに。

 

www.nagibrno.com

 

でもフルマラソン後には

来ないほうがいいなんて

どこにも書いてないなあ(涙) 

 

 

ではまた。

 

なぎ