なぎぶろ

社会人1年目の軌跡をありのままに綴る― 本の感想、おすすめの映画,英語/その他勉強法,おすすめしたい物/事/場所等,雑記スタイルでゆるく熱く更新していきます。2015年度末までは理系大学院生。

MENU

初心者が練習なしでフルマラソンに再挑戦!練習と筋トレは必須だった。

スポンサーリンク

どうも、なぎです。

1年ぶり2度目のフルマラソンに出場してきました。

出場したのは『徳島マラソン2017』
理由は四国に行ってみたかったから。

今回のフルマラソンは練習がほぼゼロでした。

  • 1年前(初挑戦)の振り返り
  • 練習なしで果たして完走できたのか?
  • タイムはどのくらい?
  • 何キロからキツくなったのか?
  • 服装・準備すべきもの等は?

上記項目をふわっとお伝えしながら

これからマラソンに挑戦する人たちに向けて

僕からのメッセージを残しておきたいと思います。

【はじめに】1年前の感想を振り返る

1年前の初フルマラソンのときは

5~10kmを週2回以上,3ヵ月

という準備期間を設けていました。

時々サボりましたが...。

初めて!という高揚感もあってか

それなりに練習をして臨んだんですね。

結果、タイムは5時間ちょっと。

トイレに行かなければ4時間台でした。

当時の感想を箇条書きで振り返ります。

  • 横浜マラソンは高すぎる(出場費用は15000円)
  • 給水所でのパフォーマンスが凄かった
  • 沿道応援者65万人。すげえ!
  • 粋な応援がよかった。
  • ハイタッチからパワーをもらえた。
  • フルマラソンは人生で一度だけにしたい。
  • この感動を2回なんて重たすぎるから。

www.nagibrno.com

 

二度とやらないと誓ったフルマラソン。

不思議と時が経つと出たくなるんですよね。

めちゃくちゃキツイのを知っていても。

徳島マラソン2017に参加!完走できたの?

こんなツイートをしながらも無事、完走。

安易な表現だけど、めちゃくちゃキツかった。

5時間30もかかってしまいました。

f:id:koya-0263:20170327152354j:plain

*完走者はタオルとメダルをもらえます。

バッグは参加賞。便利そう!

練習不足のせいで起こったこと

練習時の総走行距離7km。

昨年は200km以上走っていたので

本当に雲泥の差ですよね。

昨年出た横浜マラソンの違いに注目してみると

  • 景色を楽しむ余裕がなかった
  • 15km地点で既に足が重かった
  • 何度か足をつってしまった
  • 自分のペースがわからなかった
  • 歩く区間が長くなった
  • 完走後、発熱した。
  • 翌日の筋肉痛が異常。

日ごろから運動不足ゆえ、最悪でした。

『15kmでキツくなる』とは思わなかった。

【マラソンは30kmをこえてからが本番】

なんてよく言われますが

練習不足だとその土俵にあがれません。

練習なしでフルマラソンに出場する際は

本当にキツイので注意してください。

【振り返り1】0~10km

どのマラソンもそうだと思いますが

スタート地点~10km程度までは激混み。

自分のペースで走ることができないので

やたらと体力を消耗してしまいます。

 f:id:koya-0263:20170327152901j:plain

*スタート地点の様子。

f:id:koya-0263:20170327161012j:plain

*スタートから5kmくらいの川沿い

ぶつからないのが奇跡だと思う。

【振り返り2】10~20km

走っていて一番楽しかった区間。

綺麗なお姉さんを勝手にペースメーカーにして

こっそりついていっていました。

『綺麗なお姉さんを見つけてついていくといいよ』

という僕の先輩からのアドバイスを

忠実に守ったわけですね。

f:id:koya-0263:20170327154404j:plain

おそらく5分40~50秒/kmくらいのペース。

物凄く、美しい方でした。

15kmくらいで足の重みは感じ始めて

20kmでついていくのを断念。

練習不足であることを後悔した。

ついていきたかったなあ...

【振り返り3】20~35km

何度もリタイアを考えた区間。

キツすぎてあんまり思い出したくない。

とにかく足が痛いので

歩く→走ってみる→止まってストレッチ→歩く

そんな感じでした。

本当にきつかったです。

ヒトって20km以上継続して走れる構造に

なっていないんですね。きっと。

まだ30km超えてないの...?
あと10kmもあるの...?

絶望にも近い考えが頭の中を

ぐるぐるしていました。

  • 小さい子どもたち
  • 小中学生の子どもたち
  • 人一倍大きな声で声援をくれた熱いおじさんたち
  • 楽器を演奏してくれたバンドマン
  • きれいなお姉さんたち

沿道のみなさんの声援に支えられました。

この温かさは、ぜひ体験してほしい。

【振り返り5】35~38km

ここまで来たらいける!

そう思いつつも足の痛みが増した区間。

時々、沿道で流れている音楽を聞いて

涙が流れそうでした。本当に。

『負けないで~もう少し~』

歌詞が染みるとはこのこと。

【振り返り6】38~42.195km

JAL職員のみなさんと

チアリーディングの皆さんの

応援でめちゃくちゃ元気をもらいました。

『あと4kmです!ふぁいと!(にっこり)』

ラスト4kmもめちゃくちゃ長かったなあ。

マラソンは自分との闘いだと思う。

42kmの看板を見つけたらダッシュしようかな?

なんて考えていたけど、無理でした。

0.195kmって意外と長い!笑

フルマラソンに必要だと思うモノ

  • 雨具(スタート時の防寒用)
  • 音楽 (4時間以上分)
  • Bluetoothイヤホン
  • スマホホルダー(腕タイプ)
  • エネルギー補給用品
  • 綺麗なお姉さん(ペースメーカー)
  • 履き慣れたシューズ
  • 友人のサポート
  • お気に入りのユニフォーム
  • 長袖インナー(上下)
  • 適度な練習
  • 綿密な筋トレ

適度な練習、準備が必要なのは当たり前ですね。

筋トレが必要だったな!とも思います。

特に、太ももとふくらはぎの筋トレ!

フルマラソングッズは別途まとめようかな?

とも思っていますが、今回買ってよかったのは

スマホホルダー(腕タイプ)ですね。

最後に

フルマラソンはちゃんと練習しましょう。

翌日の筋肉痛が尋常じゃない。

いま『辛うじて歩ける』状態です。

 

 

ではまた

 

なぎ